リサーチ | 北海道大学触媒科学研究所 触媒材料研究部門 清水研究室

清水研究室では持続可能社会の実現に必要な固体触媒の設計を行っています。
私たちの究極の目標は食糧問題やエネルギー問題など人類が直面している重要課題を解決する革新的な触媒の開発です。この目標を達成するために、計算科学や様々な分光法を駆使した活性種構造・反応機構の研究を通じて、触媒の構造-機能-性能の相関関係を明確化し、触媒の設計指針を構築します。
具体的には、以下の個別課題に取り組んでいます。

We study design of innovative catalysts for sustainable society.
Our aim is to design the new heterogeneous catalysts to solve problems such as food and energy crisis. In order to achieve this final goal, we try to establish the structure-activity relationship by employing computational and various spectroscopic methods that provides fundamental basis for catalyst design.
Our current subjects are listed below:

Overview

自動車排ガス浄化触媒の開発と作用機構解明

二酸化炭素を原料とした汎用・機能化学品合成に有効な機能複合型固体触媒の開発

担体と金属ナノ粒子の協奏効果を利用した高効率有機反応の開発

計算科学と実験科学の融合による新規現象の解明

人口知能を利用した触媒設計手法の開発

規則性合金の特異的表面反応場を用いた高難度分子変換

電子的・幾何学的チューニングに基づく高性能合金触媒の設計