触媒材料研究部門

研究室ホームページへ

理想的な化学品合成・自動車排ガス浄化を目指した多機能性触媒の設計

教授 清水 研一 准教授 古川 森也 助教 鳥屋尾  隆  S. M. A. Hakim SIDDIKI

稀少金属資源の使用量を最小限に抑えたグリーン有機合成、環境浄化用固体触媒の開発を目的とする。種々のIn-situ分光を駆使した触媒構造・反応機構研究を通じて触媒構造−機能−性能の相関関係を明確化し、触媒設計にフィードバックさせる。機能の異なる複数の金属・酸化物種を近接させた界面の設計が複合効果の任意制御の鍵となると考えている。