分子触媒研究部門

 

分子性の触媒を生み出し化学反応を操る

教授 浦口 大輔  准教授 浅野 圭佑 助教 趙 強

私たちの生活は、医農薬品・食品添加物・繊維・プラスチック・有機電子材料といった、機能をもった様々な有機化合物に支えられている。望みの性質をそなえた有機化合物を効率的に供給するためには、分子と分子をつなぐ化学反応を操り理解する必要がある。我々は、これまで世の中に無かった分子を生み出し、その構造に内在する触媒としての力を引き出すことで、化学反応に関わる活性種(アニオン・ラジカル・カチオン)の自在制御に挑戦する。また、その過程で明らかになる分子の振る舞いを実験的・理論的に理解することで、新たな化学反応の創出を目指す。