福岡研究室では固体触媒の分子設計と再生可能エネルギー・資源のための触媒反応開発を研究しています。

当研究室は、大学院教育では総合化学院に所属しています。理学部化学科の卒論生および総合化学院の大学院生を受け入れています。是非、一緒に研究を行いましょう! 大学院募集要項の入手法は総合化学院のリンク(右下)をご参照ください。また、研究室見学も大歓迎です。事前に電子メールなどで連絡してください。

研究キーワード:バイオマス変換、セルロース分解、メソポーラスシリカ、エチレン酸化

〒001-0021 北海道札幌市北区北21条西10丁目   011-706-9140(教授室電話)、9139(FAX)

News & Topics

  • 2021.11.25
    Nazmul君が、18th JKSCにて若手口頭発表賞を受賞しました。
  • 2021.11.11
    福岡教授が、石油学会函館大会にて触媒法バイオマス変換に関する招待講演を行いました。
  • 2021.11.9
    中島准教授が、Niobium Technology for Clean Energyにてニオブ酸化物触媒によるバイオマス変換に関する招待講演を行いました。
  • 2021.10.23
    中島准教授が、2021 Nankai International Symposium on Catalysisにてバイオマス由来フラン化合物の触媒変換に関する招待講演を行いました。
  • 2021.10.19
    中島准教授が、触媒学会室蘭講演会にて糖の触媒変換に関する招待講演を行いました。
  • 2021.10.12
    福岡教授が、1st Japan-China Symposium on Catalysisで低温エチレン酸化に関するkeynote講演を行いました。
  • 2021.9.15
    中島准教授が、第128回触媒討論会にてバイオマス由来フラン化合物の触媒変換に関する招待講演を行いました。
  • 2021.8.19
    楊君が第一著者のキチン由来糖アルコール変換に関する論文がGreen Chemistryに掲載されました。
  • 2021.8.17
    メカノキャタリシスの反応機構に関する論文が表紙に採択されました
  • 2021.8.17
    CO2水素化に関する豪州モナシュ大学との共著論文がJournal of Energy Chemistryに掲載されました。
  • 2021.7.29
    Nazmul君が第一著者のCo-ZrO2触媒によるCO2選択還元に関する論文がACS Catalysisに掲載されました。
  • 2021.6.15
    小林助教が第一著者のメカノキャタリシスの反応機構に関する論文がPhysical Chemistry Chemical Physicsに掲載されました。
  • 2021.6.15
    東京工業大学、東北大学、三菱ケミカルとの共著論文がIndustrial & Engineering Chemistry Researchに掲載されました。
  • 2021.6.11
    シュロトリ助教が新化学技術研究奨励賞を受賞しました(業績リスト参照)。
  • 2021.5.23
    中島准教授が、学術変革領域研究(A)「超秩序構造が創造する物性科学」,第1回若手の学校にて超秩序構造体を活用した循環型炭素資源の利活用に関して招待講演を行いました。
  • 2021.5.10
    陳博士が第一著者の総説論文がApplied Catalysis A: Genenralに掲載されました。
  • 2021.4.21
    大阪大学、東京都立大学との共著論文がACS Sustainable Chemistry & Engineeringに掲載されました。
  • 2021.4.8
    大阪大学、東京都立大学との共著論文がJACS Auに掲載されました。
  • 2021.4.6
    シュロトリ助教がBASEH-2021にてセルロース加水分解に関する招待講演を行いました。
  • 2021.3.19
    フードロス削減コンソーシアム第1回フォーラムで福岡教授が講演しました。ウェブサイトポスター
  • 2021.3.12
    Li博士が第一著者の論文がACS Catalysisに掲載されました。
  • 2021.3.11
    学部3年生の福間さんが福岡研に加わりました。
  • 2021.2.16
    福岡教授が北海道大学・日立北大ラボ 第2回フォーラムで白金触媒による食品の鮮度保持に関する招待講演を行いました(業績リスト参照)。
  • 2021.1.29
    福岡教授が炭素材料学会セミナーでバイオマス変換に関する招待講演を行いました(業績リスト参照)。
  • 2021.1.26
    大阪大学、東京都立大学との共著論文がGreen Chemistryに掲載されました。
  • 2021.1.14
    長谷川研究室との共著論文がThe Journal of Physical Chemitry Aに掲載されました。
  • 2021.1.4
    大阪大学、NIMS、東京都立大学との共著論文がACS Catalysisに掲載されました。
  • 2020.12.8
    大阪大学、東京都立大学との共著論文がChemistry-A European Journalに掲載されました。
  • 2020.11.26
    東京工業大学、スイス ポール・シェラー研究所との共著論文がACS Catalysisに掲載されました。
  • 2020.11.6
    Satter博士が第一著者のエチレン酸化に関する論文がACS Catalysisに掲載されました。
  • 2020.10.28
    佐川博士(現東京理科大学助教)が第一著者のキチン誘導体に関する論文がMolecular Catalysisに掲載されました。
  • 2020.10.19
    Nazmul君が第一著者としてまとめたバージニア工科大学との共同研究に関する論文がCatalysis Science & Technologyに掲載されました。
  • 2020.9.30
    鮮度保持技術の活用による歩留まり向上を目指すフードロス削減コンソーシアムを設立〜食品の廃棄ロス削減によってSDGsに貢献〜本研究関連記事が2020年9月29日付 日経速報ニュース、2020年9月30日 リアルエコノミーに掲載されました。
  • 2020.9.23
    東京工業大学、三菱ケミカルとの共著論文がCommunications Chemistryに掲載されました。
  • 2020.9.3
    【祝】Molecular Catalysisにて福岡教授の還暦を記念した論文特集号が組まれました。(リンク
  • 2020.7.2
    東京工業大学、三菱ケミカルとの共著論文がChemical Communicationsに掲載されました。
  • 2020.7.1
    東北大学との共著総説論文がJournal of the Japan Petroleum Instituteに掲載されました。
  • 2020.6.16
    Chenさんが第一著者の論文がCatalysis Science & Technologyに掲載されました。
  • 2020.6.12
    Wiesfeld博士の博士論文1章がACS Symposium Seriesのbook chapterとして採択されました。
  • 2020.6.2
    【祝】福岡教授が井上春成賞を受賞しました。(リンク
  • 2020.6.2
    東京工業大学、名古屋工業大学との共著論文がJournal of Materials Chemistry Aに掲載されました。
  • 2020.5.16
    Padovan博士が第一著者の論文がChemSusChemに掲載されました。
  • 2020.4.16
    Palaiさんが第一著者の論文がCatalysis Todayに掲載されました。
  • 2020.2.8
    柴山さんが化学系協会北海道支部2020年冬季研究発表会で優秀講演賞を受賞しました(業績リスト参照)。
  • 2020.2.5
    大阪大学との共著論文がACS Catalysisに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2020.2.4
    Janさんが博士研究員として福岡研に加わりました。
  • 2020.2.4
    学部3年生の長内君が福岡研に加わりました。
  • 2020.1.28
    オランダ・アイントホーフェン工科大学との共著論文がGreen Chemistryに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2020.1.7
    小林助教が触媒学会奨励賞を受賞しました(業績リスト参照)。
  • 2019.12.23
    福岡教授のインタビュー記事が国立大学附置研究所・センター会議に掲載されました。
  • 2019.12.20
    小林助教が第一著者の解説が炭素誌に掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.12.18
    平山博士が第一著者の論文がBulletin of the Chemical Society of Japanに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.11.4
    藪下博士が第一著者の論文がFuel Processing Technologyに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.10.25
    淺川さんが第一著者の論文がGreen Chemistryに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.10.8
    福岡教授がInternational Seminar on Chemical Engineering Soehadi Reksowardojoでバイオマス変換に関する招待講演を行いました(業績リスト参照)。
  • 2019.10.5
    Kim博士が第一著者の論文がChemCatChemに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.10.1
    博士課程の学生としてTat君が福岡研に加わりました。
  • 2019.9.30
    日本食品化工との共同研究の論文がCarbohydrate Researchに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.9.13
    NHK総合「おはよう北海道」(放送:2019/9/18 7:45~8:00)に福岡教授が出演します。福岡教授が開発を進めるプラチナ触媒を用いた,食品の鮮度保持についての研究が紹介されます。
  • 2019.9.4
    Mahardiani博士が第一著者の論文がCatalysis Todayに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.9.3
    佐川博士が第一著者の論文がACS Sustainable Chemistry & Engineeringに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.9.1
    Liさんが博士研究員として福岡研に加わりました。
  • 2019.8.28
    福岡教授が258th ACS National Meeting & Expositionでバイオマス変換に関する招待講演を行いました(業績リスト参照)。
  • 2019.8.19
    愛媛大学との共同研究の論文がChemistry - A European Journalに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.8.6
    福岡教授がThe 8th Asia-Pacific Congress on Catalysisでバイオマス変換に関する招待講演を行いました(業績リスト参照)。
  • 2019.7.25
    楊君が第一著者の論文がFuel Processing Technologyに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.7.17
    触媒理論研究部門との共著論文がMolecular Catalysisに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.6.18
    Danieleさんが博士研究員として福岡研に加わりました。
  • 2019.6.6
    福岡教授がThe 12th International Symposium of the Romanian Catalysis Societyでバイオマス変換に関するplenary講演を行いました(業績リスト参照)。
  • 2019.5.20
    福岡教授がThe 17th Korea-Japan Symposium on Catalysisでバイオマス変換に関するplenary講演を行いました(業績リスト参照)。
  • 2019.5.14
    福岡教授が5h International Symposium on Green Chemistryでバイオマス変換に関する招待講演を行いました(業績リスト参照)。
  • 2019.5.8
    触媒理論研究部門との共著論文がJ. Phys. Chem. Cに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.4.25
    陳さんが第一著者の論文がChemSusChemに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.4.12
    ACS Catalysisに掲載された成果がfabcross for エンジニアに取り上げられました。
  • 2019.4.4
    Kim博士が第一著者の論文がACS Catalysisに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.4.1
    福岡教授がThe ACS Spring 2019 National Meetingでバイオマス変換に関する招待講演を行いました(業績リスト参照)。
  • 2019.4.1
    博士課程の学生としてYayati君が福岡研に加わりました。
  • 2019.2.4
    中島准教授がInternational Symposium on Heterogeneous Catalysis for Sustainable Energy and Chemical Productionでバイオマス変換に関する招待講演を行いました。(業績リスト参照)。
  • 2019.2.4
    福岡教授がInternational Symposium on Heterogeneous Catalysis for Sustainable Energy and Chemical Productionでバイオマス変換に関する招待講演を行いました(業績リスト参照)。
  • 2019.2.1
    Ettyさんが博士研究員として福岡研に加わりました。
  • 2019.1.25
    藪下助教が第一著者の論文がACS Catalysisに掲載されました(業績リスト参照)。
  • 2019.1.25
    小林助教が高難度選択酸化反応研究会シンポジウムでメタン酸化に関する招待講演を行いました。(業績リスト参照)。
  • 2018.1.24
    学部3年生の遠藤君と鈴木君が福岡研に加わりました。
  • 2019.1.17
    中島准教授がICAT-Cardiff Catalysis Institute Joint International Symposium on Catalysisでバイオマス変換に関する招待講演を行いました。(業績リスト参照)。
  • 2019.1.17
    福岡教授がICAT-Cardiff Catalysis Institute Joint International Symposium on Catalysisでバイオマス変換に関するPlenary講演を行いました(業績リスト参照)。